めちゃくちゃな食生活を20年続けたら心筋梗塞に ─ 病院嫌いだったブラザートムさんを変えたもの

ブラザートムさんはバブルガム・ブラザーズで大ヒットを記録し、バブル期だけに「めちゃくちゃな生活」を続け、2006年に50歳で急性心筋梗塞で救急搬送されました。再発のリスクに向き合う中、病院と医者の印象がガラリと変わったそうです。

「150歳まで生きて筋トレしたい」新日本プロレスリング株式会社社長兼エース・棚橋弘至が語る健康と老後

新日本プロレス代表取締役社長に就任し、現役プロレスラーと二足の草鞋を履くことになった棚橋弘至さん。後編では棚橋さん自身の健康とセカンドキャリアについてお届けします。

棚橋弘至「体の変化に合わせて戦い方を変えていく」プロレス界を盛り上げるためにも、自ら学び続ける

新日本プロレスのエースであり、プロレス人気を回復させた立役者である棚橋弘至さん。2023年12月には代表取締役社長に就任し、現役プロレスラーと二足の草鞋を履くことになりました。棚橋さんを支えた肉体はどのようにして維持されているのか。

多忙で睡眠を削り、生活を犠牲にしてしまった──33歳で脳梗塞を発症したあやめゴン太さんの後悔

33歳で脳梗塞に襲われた漫画家あやめゴン太さんにインタビュー。睡眠時間を削っていた当時の不規則な生活、仕事を優先した発症当日の様子、再発防止に向けた生活習慣改善について伺いました。

簡単にできる認知症のセルフテスト&チェックリストを紹介

「家族が認知症になっているのでは?」と気になる症状があったときに、自宅で簡単にできるテストとセルフチェック方法を紹介します。正確な診断を受けるには医療機関への受診が必要ですが、ある程度の目安として利用することができます。

「ストレスでお菓子がやめられない」悩んだ私が、健康的な食生活を習慣化するために工夫したこと

ストレスでお菓子を食べ過ぎてしまうのが悩みだったというブロガーの近藤佑子さんに、試行錯誤の末にたどり着いた、自分なりの健康的な食生活についてつづっていただきました。モチベーションを上げて、理想的な食生活を「継続」するためのヒントも。

認知症予防に効果的な食べ物は? 最適な食事方法や食材を紹介

近年、認知症予防には食事が深く関わっていることが分かってきました。ここでは認知症の予防に有効とされる食事方法や、おすすめの食べ物、避けたい食材などを紹介します。

認知症はトレーニングで予防。今日から始める運動習慣で認知症のリスクを軽減しよう

認知症はこれまで、「予防できない病気、治らない病気」といわれてきました。しかし、運動やトレーニングを適切に行えば認知機能の低下を予防できる可能性があることが分かりつつあります。本記事では認知症の予防に有効とされる運動の情報を中心に「認知症…

認知症になりやすい人の口癖は?注意したい特徴と予防法

認知症になりやすい人には、普段の言動に特定の傾向が見られるという説があります。言動にどんな傾向が見られると認知症になりやすいのか、注意しておきたい口癖や生活習慣などを紹介します。

認知症になると顔つきが変わることがある? その原因と対策について解説

高齢になった親族の顔つきが変わってきたように感じることはありませんか。「認知症になると表情が変わる」という話を見聞きして、不安を感じる方もいるでしょう。また、認知症になるとどういう表情になるのか、詳しく知らないという方がほとんどかもしれま…

親が認知症になって分かった向き合い方と備え方。『認知症ポジティブおばあちゃん』の家族に聞いた

YouTubeチャンネル「認知症ポジティブおばあちゃん」を運営するだんだん・えむさんにインタビュー。親が認知症と診断されたときの気持ちや、家族の認知症への対応・ケア、備え方のヒントを伺いました。

認知症は遺伝と関係がある? 発症の可能性や検査について解説

認知症には遺伝性を有するタイプの存在が認められています。しかし、多くの認知症は遺伝ではなく、生活習慣、環境的要因、加齢など他の要因によって引き起こされます。遺伝的な要因は発症を決定づけるものではなく、あくまでリスクの一要素にすぎないことを…

認知症予防に脳トレを取り入れよう。期待できるメリットとおすすめのトレーニング方法

脳力トレーニング(脳トレ)は、認知症予防の効果が期待できると言われています。ここでは、なぜ脳トレが認知症予防につながるのかという理由と、おすすめの脳トレの紹介や実践する際のポイントについて解説します。

認知症の兆候は歩き方で分かる? 早期発見につながる歩行の特徴とその理由を解説

認知症の初期症状として、歩き方に変化が現れることがあります。ここでは認知症を発症している人の歩き方の特徴とその理由について解説します。歩き方から認知症の兆候を把握し、早期発見につなげましょう。

認知症の初期症状とは? 兆候を見極めるポイントを紹介

この記事では、初期症状や進行の仕方について詳しく見ていきます。認知症は、段階的に進行していく疾患です。早い段階、例えば軽度認知障害のタイミングまでに認識できれば、進行を遅らせたり、あるいは症状を改善したりすることも可能かもしれません。

ネガティブな考えにとらわれず、心の「モヤモヤ」とうまく向き合うには? 漫画家・吉本ユータヌキさん×精神科医・大野裕先生

ストレスからくる「心のモヤモヤ」を解消するヒントについて、精神科医・大野裕先生と漫画家・吉本ユータヌキさんが対談。心の疲れに向き合うための「認知行動療法」の考え方を手軽に試せるアプリ「こころコンディショナー」についても紹介します。

僕は悪い見本なんです─透析を受けつつ寄席に出るグレート義太夫さんが語る病気との付き合い方

グレート義太夫さんは30代で糖尿病を発症し、50歳目前で糖尿病性腎症による慢性腎不全となり、16年にわたって透析治療を続けています。忙しさから通院や食事改善が滞りがちになってしまった経験から、生活習慣を見直すことの大切さを伺いました。

アルツハイマー型認知症の原因は? 主な症状と予防法についても解説

認知症の主な種類のうち、最も多い約7割をアルツハイマー型認知症が占めています。症状がゆっくり進行していくため、高齢の方で物忘れなどそれらしい症状が続くと、不安に感じやすいかもしれません。アルツハイマー型認知症の原因や主な症状、特徴を対策とと…

脳ドックで認知症は分かる? 検査の概要と把握できる可能性について解説

脳ドックの結果だけで認知症を発症しているかの可能性を全面的に評価するのは困難です。脳ドックが認知症検査においてどのように役立つか、またそれ以外の認知症に関する検査方法について、詳しく解説します。

ストレスが認知症に与える影響とは? 生活習慣の見直しが認知症予防のカギに

ストレスが認知症の発症リスクを高めたり、認知症の症状を悪化させたりすることはあるのかをまとめました。ストレスを軽減するための考え方や生活習慣改善のためのヒントも紹介します。

認知症対策は何をすればいい? 日常生活でできる予防法を紹介

「自分も認知症になるのでは?」「ならないための対策方法はあるのだろうか」と不安になる方も多いでしょう。「生活習慣の改善」が認知症の予防につながるという研究結果もあります。対策ポイントを紹介します。

健康診断・検診を受ける意味って何? フカザワナオコさんに受診メリットと結果の活用法を聞いた

フカザワナオコさんに健康診断や検診の活用法を伺いました。健診はもちろん、胃がんや大腸がん、子宮頸がん、乳がんといった検診を毎年必ず受診しているフカザワさん。体の状況を定期的にチェックすることで、健康を意識するようになるといいます。

一人暮らしの親が認知症を発症したら? 考えられるトラブルと家族ができる対処法を紹介

一人暮らしをしている親が認知症を発症したらどのようなリスクが生じるのでしょう。一人暮らしで孤独・孤立の状態が長期間続くと、認知症のリスクが高まるという研究もあります。親が一人暮らしをしている場合に起こりうるトラブルと対処法を事前に押さえて…

認知症の4つの種類とは? それぞれの原因、症状の違いを解説

認知症の4つの種類(アルツハイマー型、脳血管性、レビー小体型、前頭側頭型)ごとの特徴や原因、症状を解説します。発症リスクの軽減を目指すための対策方法も。

認知症になりやすい人の特徴は? 注意したい生活習慣、予防策を紹介

認知症になりやすい人には、どんな特徴があるのでしょうか。喫煙や飲酒など注意したい生活習慣のほか、今からできる対策を紹介します。

認知症を早期発見するメリットとは? 気付くためのチェック項目も紹介

認知症は、早めに気付くことで進行を遅らせたり、症状を改善したりすることが可能な場合もあります。そこで本記事では、認知症を早期発見するメリットや気付くためのチェック項目を紹介します。早期発見のためのポイントを理解し、対策を素早く取れるように…

76歳の新人芸人・おばあちゃんが、病気や介護を経て感じた「老後も元気であり続けるために大切なこと」

76歳の新人芸人として活躍するおばあちゃんに、老後も元気であり続ける秘訣を伺いました。乳がんの経験などをきっかけに見直した健康づくりについてや、家族の認知症介護の経験についても聞きました。

認知症と物忘れの違いは? 症状の比較と対処法を解説

最近物忘れ(もの忘れ)がひどくなり、「もしかしたら認知症かも」と疑心暗鬼になったことはないでしょうか「認知症」と「加齢による物忘れ」は、実は症状の出方が異なります。2つの違いについて理解し、適切な対処法を取れるようにしておきましょう。

認知症の予防は何歳からやるべき? 発症リスクを高める要因と効果的な対策を紹介

認知症の予防は何歳からすべきなのでしょうか? 発症リスクを高めるといわれている病気や生活習慣などの要因と、食事や運動、睡眠などでできる対策方法を紹介します。

認知症は、なる可能性を予測できる時代に。疾病リスク予測サービス「フォーネスビジュアス」

親や自分が「将来認知症になるかもしれない」という不安には、認知症になるリスクを予測して対策につなげる「フォーネスビジュアス」を。技術に裏付けられた検査の仕組みと、対策のためのサポートについて紹介します。

タンパク質が教えてくれる ─「誰も病気にならない未来をつくる」技術をCTOが語る

将来の疾病リスクを血中のタンパク質を検査して予測する「フォーネスビジュアス」を支えるアプタマー技術やコホート研究、そしてリスクに応じた生活習慣の改善が導くウェルビーイングについて、フォーネスライフの和賀巌CTOが語ります。

健康を意識しつつも、食の楽しみは減らさない! 料理人・稲田俊輔さんに聞く無理のない食事改善

南インド料理店「エリックサウス」総料理長の稲田俊輔さんに、食生活を楽しみながら健康に気を遣うコツを聞きました。塩分をめぐる味覚のバグや沖縄味噌汁のメリットなど、健康な食の知識の第一歩です。

介護を見据えて、高齢の親の健康をどうサポートする? 芸人・レギュラーの二人に聞いてみた

介護芸人として活躍するレギュラーの松本康太さんと西川晃啓さんに「高齢者とうまくコミュニケーションするコツ」を伺いました。認知症の予防や、いざ介護が必要になったときにも役立つヒントが満載です。

認知症の症状を知れば心構えが変わる。『マンガ ぼけ日和』を通じて矢部太郎さんが考えたこと

矢部太郎さんが描いた『マンガ ぼけ日和』は、認知症の症状や患者への接し方について親しみやすいトーンで学べる作品です。矢部さんに認知症のイメージはどう変化したか、今後、親や家族の認知症についてどう向き合おうと考えているか、伺いました。

大好きな焼酎を楽しみながらフォーネスビジュアスで少しずつ生活習慣改善へ

フォーネスビジュアス検査を実際に受けた方にインタビューを実施。フォーネスビジュアス検査でわかったことや、検査のメリット、その後の生活がどのように変わったのかなどをお聞きしました。

健康のためのランニングは、がんばるより楽しむのが大事。三津家貴也さんに聞く、初心者が挫折しないコツ

ランニングやジョギングを初心者が楽しく続けるコツについて、ランニングアドバイザーの三津家貴也さんに聞きました。大切なのはがんばり過ぎないことで、最初は「歩くようにゆっくり」でOKだといいます。

「22時に寝る」を徹底して睡眠中心の生活に変えたら、良いことずくめだった

22時就寝を徹底することで体調の良さを実感しているというココロ社さんに、夜の睡眠時間や昼寝時間を確保するコツ、良質な睡眠を得るために心がけていることなどを伺いました。以前に比べ、仕事のパフォーマンスも上がったといいます。

ハードなトレーニングも笑顔で指南!!パーソナルトレーナー永窪健太さんが支持されるワケ

パーソナルトレーナーとして活躍する永窪健太さん。なぜ彼が多くの年齢層に支持されるのか、秘密を探りました。

未来の健康が見える「フォーネスビジュアス検査」って? 自身の未来を変えた社長に聞いてみた

血液検査で疾病リスクを予測する「フォーネスビジュアス」の体験談を、社長自らが語ります。リスクの提示だけでなく、結果に応じた生活習慣改善アドバイスも受けられるため、かつての不健康な生活が改善されたといいます。

「知識」のおかげで停滞期も乗り越えられた。48㎏痩せた古川洋平さんに聞く、ダイエットを継続するコツ

ダイエット成功の秘訣を、48kgの減量に成功したクイズ作家・古川洋平さんに聞きました。正しい「知識」を身につけたことで、停滞期も乗り越えられ、リバウンドすることなく理想の体型を維持できているといいます。

何が加藤茶の心を動かしたのか。妻・綾菜さんの「健康意識を高める秘策」とは

加藤綾菜さんに、夫・加藤茶さんの健康意識を高めた方法について聞きました。健康に無頓着な夫のために、おいしい減塩レシピなどを研究してきた綾菜さん。パートナーとの健康意識の差を縮めるためのコミュニケーションのヒントが満載です。

いとうまい子さんに聞く、健康に歳を重ねるための秘訣「老いを受け入れることで前に進める」

俳優でありながら老化学の研究者としても活躍するいとうまい子さんに、健やかに歳を重ねるためのマインドについて伺いました。いとうさんは加齢による衰えや変化を「受け入れる」ことで、前向きになれたといいます。

映画サイト「破壊屋」管理人が選ぶ、「健康」について考えるきっかけになる映画作品5選

見るだけで元気になれそうな、「健康」を考えるきっかけになる映画作品を、人気映画サイト「破壊屋」管理人がピックアップ。「若おかみは小学生!」「余命1ヶ月の花嫁」などの人気作品を、新たな視点で紹介します。

ジムもランニングも挫折した私が、50歳を前に模索している「自分に合った運動習慣」の話

運動の必要性を感じつつジムもランニングも継続できなかったという俳優・河相我聞さんが、50歳を前にようやく見つけつつある「運動を続けるコツ」について語ります。今の自分に合うやり方を模索した結果、ジム通いが続いているそうです。

忙しい中でも「質の良い睡眠」を目指すには? 『スタンフォード式 最高の睡眠』著者の西野精治教授に聞いた

仕事で忙しい中でも質の良い睡眠をとるためのポイントについて『スタンフォード式 最高の睡眠』著者の西野精治教授に聞きました。睡眠負債の解消には、寝溜めよりも毎日の睡眠時間を少しずつ増やすことが大切だといいます。

包丁いらずで簡単! 不足しがちなタンパク質も野菜も摂れる、栄養バランス満点レシピ3つ

包丁やまな板を使わず簡単にできて、野菜もタンパク質も取れる栄養バランスも満点なレシピを、『終電ごはん』などで知られる梅津有希子さんが紹介。「一人暮らしで食材が余ってしまう」問題も解決できます。