高齢化率36%。大きな危機感を抱いた熊本県荒尾市が、「フォーネスビジュアス」を導入した理由

高齢化率が36%と高い熊本県荒尾市。「フォーネスビジュアス」を導入し、疾病リスク予測と生活習慣改善を推進しています。その効果と取り組み内容を詳しくレポートします。

「健康で長生きできるのがベスト」25歳から人間ドックに通い続けるホリエモンが“フォーネスビジュアス”に迫る

わずか5mlの血液で、将来重大な病気にかかる確率が分かる検査「フォーネスビジュアス」。 なかなか一言では伝えられないこの”新時代のヘルスケアサービス”の価値について、ホリエモンこと堀江貴文氏と、フォーネスライフ株式会社代表取締役CEO江川が対談を行…

高樹(多田)千佳子さんの現在|元お天気キャスターからヘルスケアベンチャー社員へ至る道のり

「めざましテレビ」のお天気キャスターとしてお茶の間の人気者だった多田(高樹)千佳子さん。結婚・出産を機に、17年間活躍したテレビ業界を離れ、現在はヘルスケアベンチャーで新たなキャリアを築いています。 華やかな世界から一転、異業種への転職を決意…

肥満の人は認知症になりやすい? 体重と発症リスクの関係について解説

肥満は生活習慣病などの疾患のリスクを高めることが知られています。では、肥満を含む体重の変化と認知機能にはどのような関係があるのでしょうか。肥満と認知症の関係や認知症発症リスク、肥満の予防について解説します。

カレーが認知症の発症リスクを下げる? 効果的な食べ方と理由を解説

カレーに含まれるスパイスが認知症の発症リスクを下げる可能性があることが、研究結果でも示されています。認知機能に影響をもらたすと考えられているスパイスの効果や、認知症対策のためにおすすめのカレーの食べ方について詳しく解説します。

探しものばかりしているのは認知症の兆候? その理由と物忘れについて解説

認知症の症状の1つに「物忘れ」があります。探しものばかりしているという行動は、どこに何を置いたか分からないという物忘れの一環だと考えられます。 本記事では、探しものが増えることが認知症の症状なのかどうか、認知症の人の行動(初期症状)と併せて…

認知症対策にDHAは効果がある? 豊富に含まれる食材を紹介

魚に多く含まれているDHA(ドコサヘキサエン酸)は認知症対策としてどのように役立つのでしょうか。1日の摂取量の目安や過剰摂取のリスクについても解説しています。

オリーブオイルが認知症対策につながる? 研究データと摂取量の目安を解説

認知症対策としてのオリーブオイル摂取について紹介します。最新の研究では、オリーブオイルが認知機能の低下を軽減する可能性が示されているそう。健康な生活を送るための摂取量の目安なども詳しく解説しています。

親が認知症かも? と感じたとき、自宅でチェックする方法を紹介

自分の親や身内と接しているときに「もしかして?」と認知症を発症しているかどうかが気になることがあるかもしれません。そんなときに自宅で簡単にできるセルフチェックやテストを紹介します。チェックしてみてもし気になることがあれば、医療機関に相談し…

ポリフェノールと認知症の関連は? 豊富に含む飲料や食材を紹介

「認知症の予防にはポリフェノールが良いらしい」と言われることがありますが、ポリフェノールとは何か、認知症との関係性について解説するとともに、豊富に含まれている飲料や食材も紹介します。嗜好品が多いため、食べ過ぎや飲み過ぎには気をつけましょう。

喫煙は認知症の発症リスクを高める? タバコとの関係性について解説

喫煙は、脳卒中や心臓病、慢性的な肺疾患、糖尿病、慢性腎臓病といった生活習慣病のほか、多くのがんの発症原因になります。さらに、認知症の発症リスクとの関連も指摘されています。タバコと認知症にはどんな関係があるのか、現在分かっている範囲で解説し…

怒りっぽいのは認知症の初期症状? 気をつけたい兆候も併せて解説

「怒りっぽい症状」は認知症の初期症状の1つ。穏やかだった人が急に怒りっぽくなったらそれは認知症の兆候かもしれません。このような「急な怒りっぽさ」をはじめとする認知症の初期症状を紹介します。

認知症とアルコールの関係は? リスクを高める飲酒量について解説

認知症とアルコール(お酒)の関係について解説します。研究結果からはアルコールを大量に摂取することが認知症の発症リスクを高めると考えられています。適切な飲酒量の目安についても紹介。

認知症になった親の介護、費用はどれぐらいかかる? 施設利用料や、見落としがちな後見人報酬の実態を専門家に聞いた

認知症になった親の介護をするとき費用はどれぐらいかかるのでしょうか。医療費、介護サービス費、施設利用料のほかに後見人の報酬もかかる可能性があるそう。調査にもとづく平均額と相談事例をベースに「認知症のお金」の実態を教えてもらいました。

もうすぐ70歳の父にフォーネスビジュアスを受けてもらった。気になる認知症などのリスクは?

認知症などの疾病リスクを予測できる「フォーネスビジュアス」を、もうすぐ70歳になる、ライター・地主恵亮さんのお父さんが体験。リスクを調べるとともに、気になる血圧やコレステロールなどについてもアドバイスをもらいました。

40歳目前で健康が気になるので、フォーネスビジュアスで「将来病気になるリスク」を可視化してみた

「将来病気になるリスク」を可視化して、生活習慣改善のためのアドバイスも受けられる「フォーネスビジュアス」。実際にどんなことが分かるのか、40歳目前で健康が気になっているライターの地主恵亮さんが体験しました。

寝てばかりなのは認知症のサイン? 日中の眠気の原因と対策を分かりやすく解説

認知症と昼間に寝てばかりいる「日中の眠気」の関係性について紹介します。日中の眠気は認知症の初期症状の可能性もあれば、そのほかの病気によって引き起こされる場合もあります。

認知症かも?と気になったときの診断方法とは。セルフチェックと病院での検査内容について解説

自分自身や家族に対して、もしかしたら「認知症かもしれない」と感じたことはありませんか。気になる場合にはセルフチェックを試してみるのもよいでしょう。

難聴になると認知症のリスクが上がる? 関連性と対策について分かりやすく解説

認知症と難聴の関係性について紹介します。難聴は認知症発症リスクを上げる要因の1つだといわれています。難聴になると認知症を発症しやすくなる理由や、難聴や認知症になるのを防ぐための方法についても解説。

認知症になりにくい人とは? 発症リスクを低める生活習慣を知って対策を

認知症になりにくいのはどんな人なのか、特徴や傾向を知って、対策につなげましょう。認知症リスクを低下させる生活習慣のポイントも紹介します。

認知症になる確率はどれくらい? 発症者数は増加傾向でも、予防法を知れば対策可能

生涯で認知症になる人はどのくらいいるのでしょうか? 認知症患者数の推計を元に、認知症を発症する確率や割合を年代別・種類別に紹介します。

年齢とともに病気は身近になるけれど、自分を知れば対処できる。漫画家・山下和美さんの健康管理

『天才 柳沢教授の生活』『不思議な少年』『ランド』の漫画家・山下和美さんに、病気との向き合い方や健康管理についてお話を伺いました。脳梗塞の後遺症や不整脈、膀胱炎など多くの病気を経験し、今は自分の健康状態の予測がつくようになったといいます。

“誰も病気にならない未来。誰もが自分らしく生きられる社会”─フォーネスビジュアスが目指す未来

フォーネスビジュアスは、少量の血液から約 7,000 種類のタンパク質を測定することで、 20年以内/5年以内の「認知症」、4年以内の「脳卒中・心筋梗塞」と「慢性腎不全」、5年以内の「肺がん」の発症リスクを可視化できます。また一般的な血液検査では容易に…

なぜ、フォーネスビジュアスは「将来の疾病リスク」が分かるのか? 裏側にあるユニークな「リスクモデル設計」

フォーネスビジュアスは、少量の血液から約 7,000 種類のタンパク質を測定することで、「将来の疾病リスク」と「現在の体の状態」を可視化します。この技術の開発の裏側には、世界中のバイオバンクの協力がありました。フォーネスビジュアスはどのようにして…

700以上の論文などにも引用、約7,000種類のタンパク質を一括で測定する世界初の技術はいかに生まれたか?

「少量の血液から約7,000種類のタンパク質を測定する」というフォーネスビジュアスの提供価値を支えているのが、米国SomaLogic社のタンパク質測定技術です。このタンパク質測定技術は具体的にどういったものなのか。技術の信頼性の高さなどについて、この記…

生活習慣を改善して、血中タンパク質のバランスを変える──「フォーネスビジュアス」が血中タンパク質に着目したワケ

「将来の疾病リスク」と「現在の体の状態」を可視化するサービス「フォーネスビジュアス」において欠かせない要素のひとつが「血中タンパク質」です。この血中タンパク質とは、そもそもどういったものなのか。また血中タンパク質を測定することが、私たちの…

タンパク質を測定し病気のリスクを予測する「フォーネスビジュアス」、開発の裏にある「ライフスタイル医学」のトレンド

NECグループのフォーネスライフが主力サービスとして展開する「フォーネスビジュアス」とは一体どういうものなのか。また、血中タンパク質を測定することと自分らしく生きることはどう関係するのか。全5回にわたり、フォーネスビジュアスについて解説してい…

脳卒中を含む脳・心血管疾患対策にフォーネスビジュアス。4年以内の発症・再発リスクを予測

「脳卒中」は死因になったり、認知症、寝たきりなどにもつながったりしやすいことから、対策を講じておきたい病気です。脳卒中を含む脳・心血管疾患対策に、4年以内の発症・再発リスクを予測する「フォーネスビジュアス」をご紹介します。

肺がんの原因とは?適切な予防法や症状について解説

日本人の最も多い死因であり、三大疾病にも数えられるがんの中で、肺がんは部位別では死亡数のTOP3に挙げられます。特に男性は50代を過ぎると罹患率が急激に高くなります。喫煙などの生活習慣を見直してリスクを下げること、定期的な健診により根治可能な早…

心筋梗塞の予防法|運動・食事の見直しで改善へ

日本人の三大死因のひとつである心疾患。その代表的な疾患が心筋梗塞です。年齢とともに心臓の機能は衰えていくものですが、心臓からのSOSを見逃さないこと、リスク要因を知ることで予防に役立てることができます。適度な運動、栄養バランスや塩分の取り過ぎ…

遺伝子検査とは?疾病リスクや体質がわかるって本当?

遺伝子は、親から子へと受け継がれるからだの設計図。この設計図の特性を解析する遺伝子検査によって、持って生まれた体質やなりやすい病気などを知ることができます。病気に備える方法のひとつとして遺伝子検査は身近になってきています。

健康寿命を伸ばすためにできる3つのポイント

人生100年時代といわれる今、介護が必要になる寝たきりや認知症などはなるべく避け、1日でも長く健康な時間を過ごしたいものです。食生活、心と体の健康、健康診断の活用、この3つを中心に健康寿命を伸ばすために今からできることを紹介します。

認知症と睡眠は関連がある? 発症や症状への影響と改善方法を解説

認知症と睡眠の関係性について紹介します。睡眠不足によって認知症の発症リスクを高めるケースもあれば、認知症の初期症状として睡眠障害が引き起こされる場合も。認知症の予防につながる睡眠の改善方法もあわせて解説します。

認知症の検査にはどんなものがある? 種類や流れについて解説

認知症の検査について紹介します。認知症は自分一人では罹患しているどうかの判断がつかないため。医療機関を訪れ、適切な検査を受けた上で診断を受ける必要があります。具体的な検査の流れや、その詳細について解説します。

40代でもかかる心筋梗塞、発症リスクを知れば対策可能。再発リスクも予測できる「フォーネスビジュアス」

心筋梗塞は、日本における死因の中で、がんに次ぐ第2位の病気です。NECグループ発の疾病リスク予測サービス「フォーネスビジュアス」なら、将来心筋梗塞にかかるリスク・かかった方の再発リスクを可視化して、対策ができます。

めちゃくちゃな食生活を20年続けたら心筋梗塞に ─ 病院嫌いだったブラザートムさんを変えたもの

ブラザートムさんはバブルガム・ブラザーズで大ヒットを記録し、バブル期だけに「めちゃくちゃな生活」を続け、2006年に50歳で急性心筋梗塞で救急搬送されました。再発のリスクに向き合う中、病院と医者の印象がガラリと変わったそうです。

「150歳まで生きて筋トレしたい」新日本プロレスリング株式会社社長兼エース・棚橋弘至が語る健康と老後

新日本プロレス代表取締役社長に就任し、現役プロレスラーと二足の草鞋を履くことになった棚橋弘至さん。後編では棚橋さん自身の健康とセカンドキャリアについてお届けします。

棚橋弘至「体の変化に合わせて戦い方を変えていく」プロレス界を盛り上げるためにも、自ら学び続ける

新日本プロレスのエースであり、プロレス人気を回復させた立役者である棚橋弘至さん。2023年12月には代表取締役社長に就任し、現役プロレスラーと二足の草鞋を履くことになりました。棚橋さんを支えた肉体はどのようにして維持されているのか。

多忙で睡眠を削り、生活を犠牲にしてしまった──33歳で脳梗塞を発症したあやめゴン太さんの後悔

33歳で脳梗塞に襲われた漫画家あやめゴン太さんにインタビュー。睡眠時間を削っていた当時の不規則な生活、仕事を優先した発症当日の様子、再発防止に向けた生活習慣改善について伺いました。

簡単にできる認知症のセルフテスト&チェックリストを紹介

「家族が認知症になっているのでは?」と気になる症状があったときに、自宅で簡単にできるテストとセルフチェック方法を紹介します。正確な診断を受けるには医療機関への受診が必要ですが、ある程度の目安として利用することができます。

「ストレスでお菓子がやめられない」悩んだ私が、健康的な食生活を習慣化するために工夫したこと

ストレスでお菓子を食べ過ぎてしまうのが悩みだったというブロガーの近藤佑子さんに、試行錯誤の末にたどり着いた、自分なりの健康的な食生活についてつづっていただきました。モチベーションを上げて、理想的な食生活を「継続」するためのヒントも。

認知症予防に効果的な食べ物は? 最適な食事方法や食材を紹介

近年、認知症予防には食事が深く関わっていることが分かってきました。ここでは認知症の予防に有効とされる食事方法や、おすすめの食べ物、避けたい食材などを紹介します。

認知症はトレーニングで予防。今日から始める運動習慣で認知症のリスクを軽減しよう

認知症はこれまで、「予防できない病気、治らない病気」といわれてきました。しかし、運動やトレーニングを適切に行えば認知機能の低下を予防できる可能性があることが分かりつつあります。本記事では認知症の予防に有効とされる運動の情報を中心に「認知症…

認知症になりやすい人の口癖は?注意したい特徴と予防法

認知症になりやすい人には、普段の言動に特定の傾向が見られるという説があります。言動にどんな傾向が見られると認知症になりやすいのか、注意しておきたい口癖や生活習慣などを紹介します。

認知症になると顔つきが変わることがある? その原因と対策について解説

高齢になった親族の顔つきが変わってきたように感じることはありませんか。「認知症になると表情が変わる」という話を見聞きして、不安を感じる方もいるでしょう。また、認知症になるとどういう表情になるのか、詳しく知らないという方がほとんどかもしれま…

親が認知症になって分かった向き合い方と備え方。『認知症ポジティブおばあちゃん』の家族に聞いた

YouTubeチャンネル「認知症ポジティブおばあちゃん」を運営するだんだん・えむさんにインタビュー。親が認知症と診断されたときの気持ちや、家族の認知症への対応・ケア、備え方のヒントを伺いました。

認知症は遺伝と関係がある? 発症の可能性や検査について解説

認知症には遺伝性を有するタイプの存在が認められています。しかし、多くの認知症は遺伝ではなく、生活習慣、環境的要因、加齢など他の要因によって引き起こされます。遺伝的な要因は発症を決定づけるものではなく、あくまでリスクの一要素にすぎないことを…

認知症予防に脳トレを取り入れよう。期待できるメリットとおすすめのトレーニング方法

脳力トレーニング(脳トレ)は、認知症予防の効果が期待できると言われています。ここでは、なぜ脳トレが認知症予防につながるのかという理由と、おすすめの脳トレの紹介や実践する際のポイントについて解説します。

認知症の兆候は歩き方で分かる? 早期発見につながる歩行の特徴とその理由を解説

認知症の初期症状として、歩き方に変化が現れることがあります。ここでは認知症を発症している人の歩き方の特徴とその理由について解説します。歩き方から認知症の兆候を把握し、早期発見につなげましょう。

認知症の初期症状とは? 兆候を見極めるポイントを紹介

この記事では、初期症状や進行の仕方について詳しく見ていきます。認知症は、段階的に進行していく疾患です。早い段階、例えば軽度認知障害のタイミングまでに認識できれば、進行を遅らせたり、あるいは症状を改善したりすることも可能かもしれません。