カルーセル表示

高樹(多田)千佳子さんの現在|元お天気キャスターからヘルスケアベンチャー社員へ至る道のり

「めざましテレビ」のお天気キャスターとしてお茶の間の人気者だった多田(高樹)千佳子さん。結婚・出産を機に、17年間活躍したテレビ業界を離れ、現在はヘルスケアベンチャーで新たなキャリアを築いています。 華やかな世界から一転、異業種への転職を決意…

年齢とともに病気は身近になるけれど、自分を知れば対処できる。漫画家・山下和美さんの健康管理

『天才 柳沢教授の生活』『不思議な少年』『ランド』の漫画家・山下和美さんに、病気との向き合い方や健康管理についてお話を伺いました。脳梗塞の後遺症や不整脈、膀胱炎など多くの病気を経験し、今は自分の健康状態の予測がつくようになったといいます。

めちゃくちゃな食生活を20年続けたら心筋梗塞に ─ 病院嫌いだったブラザートムさんを変えたもの

ブラザートムさんはバブルガム・ブラザーズで大ヒットを記録し、バブル期だけに「めちゃくちゃな生活」を続け、2006年に50歳で急性心筋梗塞で救急搬送されました。再発のリスクに向き合う中、病院と医者の印象がガラリと変わったそうです。

棚橋弘至「体の変化に合わせて戦い方を変えていく」プロレス界を盛り上げるためにも、自ら学び続ける

新日本プロレスのエースであり、プロレス人気を回復させた立役者である棚橋弘至さん。2023年12月には代表取締役社長に就任し、現役プロレスラーと二足の草鞋を履くことになりました。棚橋さんを支えた肉体はどのようにして維持されているのか。

「150歳まで生きて筋トレしたい」新日本プロレスリング株式会社社長兼エース・棚橋弘至が語る健康と老後

新日本プロレス代表取締役社長に就任し、現役プロレスラーと二足の草鞋を履くことになった棚橋弘至さん。後編では棚橋さん自身の健康とセカンドキャリアについてお届けします。

多忙で睡眠を削り、生活を犠牲にしてしまった──33歳で脳梗塞を発症したあやめゴン太さんの後悔

33歳で脳梗塞に襲われた漫画家あやめゴン太さんにインタビュー。睡眠時間を削っていた当時の不規則な生活、仕事を優先した発症当日の様子、再発防止に向けた生活習慣改善について伺いました。

「ストレスでお菓子がやめられない」悩んだ私が、健康的な食生活を習慣化するために工夫したこと

ストレスでお菓子を食べ過ぎてしまうのが悩みだったというブロガーの近藤佑子さんに、試行錯誤の末にたどり着いた、自分なりの健康的な食生活についてつづっていただきました。モチベーションを上げて、理想的な食生活を「継続」するためのヒントも。

親が認知症になって分かった向き合い方と備え方。『認知症ポジティブおばあちゃん』の家族に聞いた

YouTubeチャンネル「認知症ポジティブおばあちゃん」を運営するだんだん・えむさんにインタビュー。親が認知症と診断されたときの気持ちや、家族の認知症への対応・ケア、備え方のヒントを伺いました。

僕は悪い見本なんです─透析を受けつつ寄席に出るグレート義太夫さんが語る病気との付き合い方

グレート義太夫さんは30代で糖尿病を発症し、50歳目前で糖尿病性腎症による慢性腎不全となり、16年にわたって透析治療を続けています。忙しさから通院や食事改善が滞りがちになってしまった経験から、生活習慣を見直すことの大切さを伺いました。

健康診断・検診を受ける意味って何? フカザワナオコさんに受診メリットと結果の活用法を聞いた

フカザワナオコさんに健康診断や検診の活用法を伺いました。健診はもちろん、胃がんや大腸がん、子宮頸がん、乳がんといった検診を毎年必ず受診しているフカザワさん。体の状況を定期的にチェックすることで、健康を意識するようになるといいます。

76歳の新人芸人・おばあちゃんが、病気や介護を経て感じた「老後も元気であり続けるために大切なこと」

76歳の新人芸人として活躍するおばあちゃんに、老後も元気であり続ける秘訣を伺いました。乳がんの経験などをきっかけに見直した健康づくりについてや、家族の認知症介護の経験についても聞きました。

健康を意識しつつも、食の楽しみは減らさない! 料理人・稲田俊輔さんに聞く無理のない食事改善

南インド料理店「エリックサウス」総料理長の稲田俊輔さんに、食生活を楽しみながら健康に気を遣うコツを聞きました。塩分をめぐる味覚のバグや沖縄味噌汁のメリットなど、健康な食の知識の第一歩です。

介護を見据えて、高齢の親の健康をどうサポートする? 芸人・レギュラーの二人に聞いてみた

介護芸人として活躍するレギュラーの松本康太さんと西川晃啓さんに「高齢者とうまくコミュニケーションするコツ」を伺いました。認知症の予防や、いざ介護が必要になったときにも役立つヒントが満載です。